施工例

間知石積み

昭和40年代施工

風雨にさらされて表面はかなり黒ずんでいます。写真ではわかりにくいですが表面は風化も進んでいます。
石と石の間も若干の隙間が見られます、これは充填コンクリートの酸化(コンクリートは空気中の酸素に触れると酸化します)
に伴い表面のモルタル部分が剥離した為と思われます構造的には問題ありません。

施工例